ロマノフ葛飾★心の健康ブログ♪


コーチ松永 諭志 が日々の出来事を持って、心の軸とトレーニングを、お伝えします。
by ロマノフ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

高齢者のごみ出し、中学生が協力

 お手伝いをすると何かいい事あるじゃろう。
 高齢化や核家族化が進み、自分でごみ出しができない人が増えつつあるんじゃ。
 こうした人たちをいかに支援するか。自治体の模索が続いているんじゃ。
新潟市中央区。午前8時前、通学途中の市立山潟中3年、丸山るかさん(14)と小倉瑞生(みずき)さん(15)が、ある一軒家の玄関前に置かれたごみを、数百メートル離れた集積所まで運んでいるんじゃ。
この家に一人で暮らすのは田村キミさん(82)じゃ。
 股関節などが悪く、杖なしでは数メートルしか歩けないんじゃ。
 「本当にありがたい」とおっしゃっているんじゃ。
 田村さんへの支援は週に1回。中学校の呼びかけがきっかけで、丸山さんら計3人の生徒が交代で月に1~2回ずつ、ごみを出しているんじゃ。
 同市は2008年、自治会や地域の協議会などが、ごみ出しの困難な高齢者らのごみ出しを担う場合に支援金を支給する事業を始めたんじゃ。
 燃やすごみなどのごみ出し1日につき150円。185団体が登録し、約570世帯が支援を受けるんじゃ。
 この事業のための市の今年度当初予算は約740万円なんじゃ。
 これに登録した山潟地区コミュニティ協議会では、山潟中の生徒から希望者を募り、通学路近くの高齢者とマッチング。市の支援金は学校の備品購入に充て、ごみ出し支援に参加した生徒には、3年生で支援を終えた際に感謝状と図書券500円分が贈られるんじゃ。
 中学生にボランティアと思いやりを身につけて、将来に役に立ってほしいなあと思う手いたらこんな記事を見つけたんじゃ。
ちょっとほのぼのしてしもうたんじゃ。
[PR]

# by coachFujisawa | 2017-09-21 00:07

 成人年齢 十八歳引き下げは健康増進の政策に逆行

 民法の成人年齢を十八歳に引き下げる改正法案が、秋の臨時国会で提出されるのに伴い、公営ギャンブルの禁止年齢の引き下げに関しては、現行の二十歳のまま据え置く方針が固まったんじゃ。
 若者の健全育成の観点からみて、妥当な判断じゃろう。
 政府は、飲酒、喫煙についても、国民の健康や教育現場での生徒指導のことを考え、二十歳で据え置く判断をしているんじゃ。
 生徒指導でも負担増
 先月、政府与党は、民法の成人年齢の十八歳引き下げに伴う公営ギャンブルの禁止年齢の引き下げについて、現行の二十歳未満で維持する方針を固めたんじゃ。
 しかし、飲酒、喫煙の禁止年齢については未定のままなんじゃ。
 秋の臨時国会には、民法改正案とともに、公営ギャンブルの禁止年齢は「未成年」から二十歳未満と改正する案などの関連法案を提出するとされているんじゃ。
 飲酒、喫煙の禁止年齢に関しても、現行の二十歳未満とする改正法案を速やかに提出すべきじゃ。
 飲酒、喫煙年齢が十八歳に引き下げられると、高校では、法律で飲酒、喫煙が禁じられている十六、十七歳の生徒と、認められる十八歳の生徒が混在する状態となるんじゃ。
 こうなれば生徒指導は大変じゃ。
 例えば、文化祭や体育祭などで十八歳になった生徒が酒を飲めば、十六、十七歳の生徒も酒を飲みたくなるじゃろう。
 「同じ高校生なのに、十八歳はよくて、十八歳未満は飲めない理由を教えてほしい」などと問われたとき、 「法律で決まっているから」だけでは、なかなか納得しないじゃろう。
 「飲酒や喫煙をしたい」という生徒の欲求を抑えるための生徒指導は大変難しくなるんじゃ。
 また、同学年だけで見ても、高校三年生は四月から順に十八歳に達していくので、クラス内で飲酒、喫煙をする生徒も少なくないじゃろう。
 喫煙、飲酒を禁止する指導が出来なくなり、個別指導が必要となるじゃろう。
 担任は、誰が十八歳で誰が十八歳未満かなど、一人ひとりの年齢を正確に把握しなければならないんじゃ。
 教師の生徒指導面での負担が増えるばかりなんじゃ。
 学校教育の面から考えても、飲酒、喫煙の禁止年齢は十八歳に引き下げるべきではないんじゃ。
 飲酒禁止を十八歳未満とすれば十八歳、十九歳の若者の飲酒を助長することになるんじゃ。
 これでは、アルコール依存症の患者を増やしてしまうんじゃ。
 『健康日本21』の「未成年者の飲酒を早期になくすこと」という取り組みに逆行しているんじゃ。
 喫煙も同様じゃ。
 喫煙開始年齢が低ければ低いほど、ニコチン依存症になりやすいことは、多くの研究で明らかになっているんじゃ。
 喫煙年齢を引き下げることは、国民のニコチン依存症患者を増やし、将来の肺癌や心筋梗塞などの発症率を高めてしまうんじゃ。
 また、厚労省は受動喫煙防止法を強化する方針を打ち出しているが、年齢の引き下げによって喫煙者数が増加すれば、受動喫煙の被害を受ける人が増えるのは明らかじゃろう。
 喫煙年齢の十八歳への引き下げも、国民の健康を増進しようとしている政府の取り組みに逆行しているんじゃ。
 国民の健康のことを考えれば、成人年齢と飲酒、喫煙を合法とする年齢を十八歳に合わせる必要性はまったくないんじゃ。
 公営ギャンブルの禁止年齢を現行の二十歳未満で維持したように、飲酒、喫煙に関しても、そうすべきなんじゃ。

[PR]

# by coachFujisawa | 2017-09-20 00:15

昭和初期、鉄路走ったガソリンカー 

列車で、ガソリンカーは、めずらしいんじゃ。
 ちなみに今、走っている列車は、電車とディーゼルカーがほとんどなんじゃ。
昭和初期の12年間だけ高松市の仏生山―塩江間(16キロ)を結んだ「塩江温泉鉄道」。当時走っていた「ガソリンカー」の写真や資料を紹介する企画展が、市香南歴史民俗郷土館で開かれているんじゃ。
 23日までじゃ。
塩江温泉鉄道は1929年11月に開業。「マッチ箱」と呼ばれたガソリンカー(40人乗り)が、主に1両編成で鉄路を走ったんじゃ。
 仏生山―塩江間は計12駅あり約40分。沿線住民に加えて塩江に向かう観光客も利用したんじゃ。
 しかし、戦時体制下でガソリンの統制が厳しくなると、燃料が確保できなくなって太平洋戦争開戦直前の41年5月に廃止され、レールなどは徴発されたんじゃ。
 今回の企画展では、ガソリンカーの写真や路線図、パンフレット、塩江温泉の絵はがきなど約100点を展示。ガソリンカーの車窓から、塩江の渓谷や乗り降りする温泉客らを撮影した映像も見ることができるんじゃ。
 廃線跡には現在もトンネル、橋などの一部が残り、仏生山―香川町浅野間は「ガソリン道」の愛称で生活道として利用されているんじゃ。
 ちなみにディーゼルは、ガソリンよりパワーがあるし、燃費もあまりスピードを出さなければ、ガソリンよりもかなりいいんじゃ。
会期中は19日休館。観覧無料なんじゃ。
 問い合わせは同館(087-879-0717)じゃ。
[PR]

# by coachFujisawa | 2017-09-19 00:43